OORONG-SHA(烏龍舎)

OORONG-SHA (烏龍舎)の由来

古来中国にはある言い伝えで、
烏龍(ウーロン)という伝説の生き物がいたという。
「烏(からす)」も「龍(りゅう)」もそれぞれ
生き物中で生命力も影響力もあり、
それぞれが他の生き物から尊敬されていたが、
烏龍というのは、そのどちらにも属さない、
半端なものとされて、見下されていたそうだ。

一方、生物の進化の過程を考えてみても、
それらすべての過程は突然変異の
繰り返しであるといってもよい。

烏龍舎の名前は、この二つの意味。
その一つはアイデアを含めて、
どこから新しいミクスチャーや成功例が生まれるかは、
そしてその中から次の時代を背負って立てるものが
現れるかはやってみなければわからないということ。

そしてもう一つは、烏(ウー)にも龍(ロン)にも属さない
半端者かも知れないが、そこの中で与えられた自由を
責任をもって全うしたいという意味を込めてつけられた。

それらの人が、意思が、ビジョンが宿る場所、
そこが烏龍舎でありたい、と思っている。